2024年3月31日 ジャパンPGA スコア:100

はじめに

こんにちは、けうです。
2024年3月31日のラウンド記録です。

2024年も4分の1が過ぎました。
そんな四半期最後のラウンドでしたが、結果はまたしても100切りならず。

結局2024年は12ラウンド中、80台1回(まぐれ)、98が2回、99が2回、100以上が7回という結果になりました。(チーン)

結果

Score: 100
Putt: 36

FWキープ: 9/14 (64.3%)
パーオン: 4/18 (22.2%)
ボギーオン: 11/18 (61.1%)

OB: 2 
ペナ: 0 
バンカー: 6
3パットover: 3

2024年3月31日のスコア記録
2024年3月31日のスコア記録

スコア記録の見方
スコア記録の見方

前半

OUTスタート。青ティー

序盤は上々の出来。
1番、2番がボギー、3番で3打目をガードバンカーに入れるも見事砂イチでパー。
4番、5番もボギー。5番は2オンしたので、できれば2パットで上がりたかったが、まあいったんやむなし。

問題は6番。ティーショットがチョロ。セカンドの3Wはまずまずで残り80yの左ラフ。
これがまんダフリ。80yは練習しているのになぁ...。結果4オン。しかも残り7yくらいから3パットしてトリ。
振り返るとこのホールだけで大きなミスが3つ。それじゃアカンねん。せめてダボでおさめたかった。

7, 8, 9の上がり3ホールはボギー、パー、パー(しかもパーオンx2)と、ナイスな立ち回り。
結局6番だけが悔やまれる結果とはなったが、全体としてはやりたいゴルフができていた。

スコアは44。

後半

スタートの10番はなんと寄せワンでパー。
もしかして、ベスト(86)を狙えるのでは...? そう思った矢先の出来事だった。

11番、ティーショットはチーピン。林からの2打目がダフリシャンクでFWバンカーに。
しかもアゴ近。見事にミスってもう一つ前のFWバンカーにイン。ほんでまたアゴ近。なぜ!?
結果、6オン2パットで8打。

12番、ティーショットからまずまずのミスが続いて4オン。
カップまで残り8y。ここから4パット。なぜ!?
なんとこれで3ラウンド連続の4パット。パットが下手なけう。8打。

13番、ティーショットが2連続OB...と思いきや、2打目は木に当たってフェアウェイに落ちていた。
そこからボギーで8打。(Par 5なので、OB + ボギーで8打) 3連続8打。ふむ。

14番はバンカーを思い切りミスってダボ。5打。

15番、ティーショットを大きく右に曲げ、ボールは池の向こう側へ。
しかし諦めないけう。池をぐるりと回ってボールを見つけ出し、上手に戻してコースに帰還。同伴者からもナイスの歓声。
勝負の3打目。シャンク!なぜ!? 結局ロストで7オン2パット。9打。

そんなこんなで、11番から15番の5ホールで38打。1H平均7.6打。つらたん。つらたん。つるとんたん
上がり3ホールはボギー、ボギー、パー。しかし言うまでもなく、時すでに遅し。

スコアは56。

トータルスコアは100。本年7度目の100オーバー。
相変わらず3パットは多いし、4パットはするし、大叩きホールは多いし、、
厳しい状況が続いていることを再認識した2024年四半期最後のラウンドでした。

よかった点

アプローチ。
前日に北谷津GGのショートコースで練習したおかげか、全体的に大きなミスがなかった。
とはいえ1パットは4回(うち1回はバンカー)なので、寄ったアプローチもほぼなかったのだが...。

ダメだった点

まずドライバー。
FWキープ率9/14は一見良さそうだが、内容はかなり騙し騙しだった。
実際大叩きしたホールは大きなミスが出ており、今日は明らかに安定感がなく、思ったように振れていなかった。
何かが崩れていた証拠。しっかり練習して立て直せるように頑張ろう。

次にアイアン。
ドライバーと同じく、どうもスイングが崩れているようだ。うまく当たる気配がない。
肝心なところでシャンクも出た。小さなスイングから練習や。

最後にパット。
どちらかといえば得意クラブだったのだが、3ラウンド連続4パット、今年の3パット率が20%近いという結果を見ればもう下手以外の何物でもない。
またゴルフ場で時間がある時に、コツコツとパター練習するしかない。

今日の一言

またひゃくかぁ...(´ω`)